13日に佐賀市兵庫町渕のクリークで見つかった男性遺体の身元について、佐賀北署は14日、佐賀市内の親族宅に来ていた群馬県内の男性(72)だったと発表した。司法解剖の結果、死亡推定は3日ごろ。死因は特定できなかったが、争った形跡がないことなどから同署では事件性は低いとみている。

 男性は約1カ月前から佐賀市内の親族宅にいたが、今月3日夕以降、行方が分からなくなっていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加