選手宣誓する龍谷中の土井清佳

 開会式では、昨年女子の部で優勝した龍谷中3年の土井清佳主将が、保護者や指導者への感謝を口にし、「剣道ができる喜びを感じ、最後の一瞬まで諦めず正々堂々と戦う」と力強く選手宣誓した。

 中学生大会には男女251チーム、約1700人が出場。宣誓の大役を務めあげた土井主将は「緊張した。まわりへの感謝の思いを込めた」とほっとした表情で振り返った。

 部員5人で団体戦に臨み、3年生は引退試合となる。後輩2人に新チームを託し、土井主将は「自分たちの剣道をやり抜きたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加