国史跡など窯跡の盗掘が後を絶たないなか、佐賀県教委と市町教委が、県警とタッグを組み、対策強化に向けた合同会議を設置する。盗掘被害は一時期より減っているものの、根絶へ向けて効果的な対策に乗り出すため。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加