昔ながらの火おこしを道具づくりから体験するプログラムが12日、佐賀県神埼市郡の吉野ケ里歴史公園で始まった。県内外から親子連れが参加し、汗を光らせながら火種を作り、ライターやガスコンロなどの着火装置がなかった時代に思いをはせた。14日まで。 吉野ケ里歴史公園がお盆期間に合わせて開く催しの一環。