男子決勝・明豊-福大大濠 大将戦で相手のドウを攻める明豊の伊東凜太郎

男子決勝

明豊3―1福岡大大濠

児玉  ―メ 山口○

○岸本ド ―  小栁

○渡邉メ ―  松尾

○長メ ―  矢野

伊東  ―  小畔

 

「前向きな稽古の結果」

 男子の明豊(大分)は強豪校を次々と破り、初優勝を果たした。4回戦では、今年の全国総体のチャンピオン・九州学院(熊本)を撃破。創部4年目のチームが快進撃を見せた。

 決勝の相手は昨年優勝の福岡大大濠(福岡)。先鋒(せんぽう)戦を落としたが、次鋒の1年岸本龍輝がドウを決めると、続く中堅、副将も続いて3人連続の1本勝ちで勝利をつかんだ。

 2年の伊東凜太郎主将は「日本一のチームを目指しており、今回は優勝を狙って挑んだ。個人的には毎試合、1本ずつ取っていく気持ちでいった」と振り返った。伊東は優秀選手賞にも選ばれた。

 岩本貴光監督は「個々が頑張り、よくやった。創部して4年目だが、生徒たちが稽古に前向きに取り組んできた結果」と選手たちの奮闘をねぎらった。

 
ウェブ写真館はこちら
ウェブ写真館はこちら

紙面に掲載された写真以外のものを掲載しています

このエントリーをはてなブックマークに追加