鳥栖-C大阪 逆転勝ちし、金明輝監督と喜ぶ鳥栖FW豊田(中央)=大阪市のヤンマースタジアム長居(撮影・米倉義房)

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第22節の11日、大阪市のヤンマースタジアム長居でセレッソ大阪と対戦し、2-1で逆転勝ちした。5戦ぶりの勝利で、通算成績は6勝3分13敗(勝ち点21)。順位を17位から16位に一つ上げた。 

 0―1で迎えた後半43分、右CKを公式戦初出場のFW林大地が頭で合わせて追い付いた。さらに、ロスタイムにFW豊田陽平が勝ち越しゴールを決め、劇的な逆転勝ちを収めた。

 第23節は17、18の両日にあり、鳥栖は17日午後7時から神奈川県平塚市のBMWスタジアム平塚で湘南ベルマーレと対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加