男子優勝の明豊(大分)

女子優勝の筑紫台(福岡)

 第41回大麻旗争奪剣道大会第2日は11日、佐賀県佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館で高校生大会の決勝までがあり、男子は明豊(大分)が初優勝、女子は筑紫台(福岡)が3年ぶり7度目の優勝を果たした。 

 男子決勝は、明豊が前年王者の福岡大大濠を撃破。女子決勝は筑紫台が大将戦を制し、連覇を狙った三養基を退けた。3位には男子が敬徳と福岡第一、女子は八代白百合(熊本)と中村学園女子(福岡)が名を連ねた。

 12日は中学生大会が開かれる。

■優秀選手賞

 【男子】渡邉臣人、伊東凜太郎(大分・明豊)小畔直(福岡大大濠)高橋巧(敬徳)林陽暉(福岡第一)

 【女子】猪原悠月、徳田侑紗(福岡・筑紫台)中村那鼓(三養基)大西莉央(熊本・八代白百合)御堂真滉(福岡・中村学園女子)

 

■敢闘賞

 【男子】林田泰樹(長崎南山)恒松龍輝(福岡常葉)水野大輝(福岡・筑紫台)高橋慎之祐(兵庫・育英)

 【女子】富田萌香(熊本・阿蘇中央)松本佳倫(熊本・菊池女子)指原香心(東海大福岡)水本百香(福岡・八女)

 
ウェブ写真館はこちら
ウェブ写真館はこちら

紙面に掲載された写真以外のものを掲載しています

このエントリーをはてなブックマークに追加