ヤマシロンを撮影するファンら=佐賀市富士町の旬菜舎さと山

 山代ガスの企業キャラクターで営業部ヒーロー課のアオイロンとヤマシロンとの触れ合いイベントが10日、佐賀市富士町で開かれた。女性からの人気が高く、神奈川県や福岡県など県外からも多くのファンが訪れ、交流や記念撮影を楽しんだ。

 神奈川県から訪れたのは17歳の女性ファン。女性はテレビでおなじみの人気ヒーローが好きだったが、身近で触れ合えるご当地ヒーローに興味が湧き、ツイッターなどでファンと交流しながらアオイロンの存在を知ったという。

 女性は「ご当地ヒーロー全般が好きだが、アオイロンには一目ぼれし、断トツで好き。ユーチューブで何度も見た」と話す。この日は手書きの似顔絵とお土産をプレゼントした。

 うれしさのあまり、今にも泣きそうになりながら震える手で握手を交わし「昨年から佐賀に会いに行きたいとずっと家族にお願いし、受験合格を条件に許しを得た。願いがかなってうれしい」。アオイロンから元気をもらい「勉強も頑張ります」と笑顔で手を振っていた。

 山代ガス総務部の大岩英樹部長は「LPガスの周知を目指し昨年、キャラクターを起用したが、子ども以上に女性ファンが多い」と驚く。会社にはファンレターや贈り物も届き、県外のイベントでは女性ファンが行列をなしているという。「広く長くみんなに愛される宣伝ヒーローを目指したい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加