【熱戦譜】王者の重圧…攻め抜き打破 総体連覇という大きなプレッシャーを恩師と二人三脚で乗り越えた。柔道男子個人60キロ級の近藤隼斗(佐賀工)が堂々の戦いぶりを見せて優勝。「自分らしく戦いたかった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加