イノシシ防護柵を利用したイルミネーションを設置する地元住民と佐賀大学生=伊万里市東山代町川内野

 佐賀県伊万里市東山代町の山あいにある川内野地区の住民が11日夜、イノシシよけの金網を利用したイルミネーションを点灯する。普段は真っ暗な田んぼの中に、約400メートルのカラフルな光の帯が浮かび上がる。

 昨年に続く開催で、今年はイルミネーションの規模を2倍にした。「夢耕房たきの」の近くの農道に設置し、写真撮影用にハートや「令和」の文字をかたどった飾りもある。

 今年も佐賀大で地域おこしを学ぶ学生たちが協力し、住民と準備を進めている。農学部4年の生嶋大貴さんは「暑い中、地域を元気にしようとみんな頑張っている。多くの人に見に来てほしい」と呼び掛ける。

 11日は午後7時半から点灯式があり、11月までライトアップする。問い合わせは幸松さん、電話090(3799)1832。

このエントリーをはてなブックマークに追加