フェルナンド・トーレス

 佐賀県は9日、サッカー・J1サガン鳥栖のFWフェルナンド・トーレスに「SAGAスポーツピラミッド(SSP)構想」のアンバサダー(大使)を委嘱すると発表した。アンバサダーは4人目で、20日付で就任する。

 トーレスは2018年夏に加入し、今季は16試合に出場して2得点を挙げている。23日のヴィッセル神戸戦を最後に現役を引退し、サガンのクラブアドバイザーに就任する。

 アンバサダーは選手育成やスポーツ普及の助言、県が取り組むスポーツ活動の周知活動を担う。プロ野球・埼玉西武ライオンズの辻発彦監督(佐賀東高出身)と広島東洋カープの緒方孝市監督(鳥栖高出身)、三養基郡みやき町出身でバルセロナ五輪柔道金メダリストの古賀稔彦氏が就任している。

このエントリーをはてなブックマークに追加