児童を犯罪から守ろうと多久地区防犯協会連合(会長・横尾俊彦市長)は14日、多久市の中央小学校(太田春美校長)に防犯ブザーを贈呈した。 贈呈式では横尾市長が「危ないと思ったらブザーを鳴らして。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加