佐賀県みやき町の中原小(陣内富子校長)の3年生56人が2日、ハゼの実を原料にした和ろうそく作りに挑戦した。子どもたちは熱したろうを型に流し込んでろうそくを1本1本製作、地元の伝統産業に理解を深めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加