伊万里市は、職員採用試験の受験資格の上限年齢を、本年度から全区分で35歳まで引き上げた。また、障害者採用の受験資格の対象を、これまでの「身体障害者のみ」から「身体、知的、精神障害者」に広げた。

 年齢制限の引き上げは2年前にも行っており、民間の採用意欲が高まり、人材が集まりにくくなっていることが背景にある。昨年度までの受験資格の上限は保育士が27歳、他の区分が30歳だった。

 職員の障害者採用を巡っては、佐賀県や武雄市なども本年度の試験から同様の見直しをしている。

 伊万里市の本年度の募集人数は14人程度で、そのうち障害者枠は一般事務に1人程度となる。1次試験は9月22日、松島町の市民センターで実施する。現在、受験申し込みを受け付けており、締め切りは今月20日。問い合わせは市総務課職員係、電話0955(23)2127。

このエントリーをはてなブックマークに追加