第一章 気宇壮大(一)

 佐賀藩鍋島(なべしま)家三十五万七千石の本拠・佐賀城の北東部には「片田江七小路(かたたえななこうじ)」と呼ばれる東西に延びる七つの通りが、北から南に走っている。
 この七つの通りには、武家屋敷が軒(のき)を連ねていたというが、佐賀藩士でも覚えにくかったらしく、数え歌になっていた。

 馬通り、椎(しい)に花房(はなぶさ)中の橋、
 枳(げす)に会所は片田江のうち

 北から馬(馬責馬場(うませんばば)小路の略)、椎、花房、中の橋、枳、会所という小路の名だが、これでは六つにしかならない。ところが古地図を見ると、その謎が解ける。北から二番目の小路の名は「通(とおり)小路」という無粋な名がついており、この数え歌の「馬通り」とは、二つの小路の名をつなぎ合わせていたと分かる。
 ちなみに枳とは「げす」と読むが、「下司」という意味ではなく、カラタチというミカン科の低木から取られていた。
 最南端の会所小路の近くには、河川へと通じる人工運河が走り、それに沿って米蔵や酒蔵が軒を連ねていた。そのため江戸時代中期頃まで役人と商人たちの会所があり、会所小路という名がついた。
 この会所小路で天保(てんぽう)九年(一八三八)二月十六日、男児が産声を上げた。
 大隈八太郎(はちたろう)、後の重信(しげのぶ)である。
 その日は「よく晴れた日だった」と諸書にあることから、抜けるような晴天の下で、大隈は命を授かったことになる。
 八太郎の八は産土神(うぶすながみ)の龍造寺八幡(りゅうぞうじはちまん)にちなんだもので、龍造寺八幡のご加護によって元気に育ってほしいという両親の願いが込められていた。
 両親の名は与一左衛門信保(よいちざえもんのぶやす)と三井子(みいこ)といい、大隈は二人の嫡男(ちゃくなん)になる。順番としては、姉二人弟一人の四人兄弟の三番目だった。
 父の信保は長崎港警備を専らとする石火矢(いしびや)頭人(かしら)(大筒組頭・砲台指揮官)で、知行(ちぎょう)三百石に物成(ものなり)(役料)百二十石を拝領しており、上級家臣に名を連ねていた。
 信保の任じられている石火矢頭人は、佐賀藩と福岡藩黒田家が一年交代で幕府から任命されている「長崎御番(ながさきごばん)」の中核となる極めて重要な役割を担っていた。後のことを考えれば、大隈は理想的な家に生まれたと言えるだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加