“明治の三筆”と称された中林梧竹の名筆を集めた特別展の開場式が5日、佐賀県小城市の中林梧竹記念館であった。市内の書道関係者ら約60人が集まり、江里口秀次小城市長らのテープカットで開幕を祝った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加