九州新幹線長崎ルートの未整備区間について、与党検討委員会は「フル規格整備が適当」としたが、協議内容が公表されず、佐賀県内の沿線自治体は5日、正確な情報が把握できなかった。首長も明確なコメントを避ける形になった。

 フル規格整備を求めている嬉野市の村上大祐市長は「与党検討委の正式発表がなく情報収集をしている。『フル規格が適当』とする報道関係の情報が事実なら、政権与党の責任において決定されたこととして重く受け止める」という内容のコメントを出した。

 北海道に出張していた武雄市の小松政市長は、広報課を通じ「県に会議内容を問い合わせたところ『確認できない』ということで、コメントできる状況にない」とした。

 JR九州は「報道等により、検討委員会の開催については承知しているが、詳細は分かりかねる」との談話を発表するにとどめた。

このエントリーをはてなブックマークに追加