九州新幹線長崎ルートの未着工区間(新鳥栖―武雄温泉)に関し、与党検討委員会は5日、整備方式は「フル規格が適当」とする見解をまとめた。山本幸三委員長が6日に来県し、佐賀県議会議長に方針を伝える。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加