4日午後7時20分ごろ、鳥栖市大正町の「セブンイレブン鳥栖大正町店」で、来店した男がカッターナイフで男性店員を脅し現金を要求した。通報を受けて駆け付けた鳥栖署員が店内にいた福岡市南区井尻、無職の男(57)を強盗未遂の疑いで現行犯逮捕した。

 逮捕容疑はレジにいた20代の男性店員に持参したカッターナイフの刃先を突き付けて「いいから早く金を出せ」と脅し、現金を奪おうとした疑い。

 同署によると、店にいた女性店員が110番通報した。通報から3分後に署員が到着した時、男はカッターナイフをポケットにしまった状態で店員と向き合っていた。「間違いありません」と犯行を認めている。同署は防犯カメラの映像や店員の証言を元に、当時の状況などを調べる。

このエントリーをはてなブックマークに追加