U-18日本クラブユース選手権の準優勝を横断幕で祝福するサガン鳥栖サポーター=鳥栖市の駅前不動産スタジアム

 第43回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会で準優勝した鳥栖U-18は4日、大分戦前のピッチで報告会を行った。

 鳥栖U-18は7月31日の決勝戦で名古屋グランパスU-18に1-3で敗れたが、U-18のカテゴリーではクラブ史上最高の成績を収めた。

 選手がピッチに出てくると、サポーターは大きな拍手を送り、「祝準優勝 勇気と感動をありがとう!」と書かれた横断幕を掲げた。選手を代表してMF本田風智が「サポーターの皆さんの声援や協力があってこその結果。これからも応援よろしくお願いします」と感謝した。

このエントリーをはてなブックマークに追加