来季からの加入内定が決まった大体大の林大地

来季からの加入内定が決まった明大の森下龍矢

 サッカー・J1サガン鳥栖は3日、大阪体育大のFW林大地(22)と明治大のDF森下龍矢(22)の来季加入が内定したと発表した。

 林は大阪府出身で178センチ、74キロ。ガンバ大阪ジュニアユースなどを経て大阪体育大に進学。スピード豊かなドリブルが武器で、守備も前線から献身的に行う。

 森下は静岡県出身で170センチ、65キロ。ジュビロ磐田U-18を経て明治大に進み、2015年にはU-18日本代表の韓国遠征メンバーにも選ばれた。運動量が豊富で、サイドからの突破を持ち味にする。

 二人はクラブを通じ、「多くのゴールを決めて結果にこだわりたい。熱く闘争心を持って戦いたい」(林)、「チームの目標達成のため、置かれた立場で自分のできることを全うしたい」(森下)とコメントした。

このエントリーをはてなブックマークに追加