日本列島は3日も広く高気圧に覆われ、各地で気温が上昇した。福岡県久留米市で全国の最高気温38・4度を観測。宮城や栃木、埼玉、東京、新潟、徳島、長崎の7都県で計8人が熱中症とみられる症状で死亡した。4日も久留米市などで最高気温が38度と予想されるなど厳しい暑さが続く見通しで、水分・塩分補給などの熱中症対策が必要だ。

 気象庁によると、3日は全国926観測点のうち800地点で30度以上を観測し、このうち159地点は35度以上の猛暑日となった。

 他に京都市中京区で38・2度、栃木県佐野市や熊本市中央区で37・8度、佐賀県白石町で37・6度、大阪府豊中市で37・4度、埼玉県熊谷市や大分県日田市で37・3度を観測した。

 4日も暑さが続くほか、日中の気温上昇に伴って山沿いを中心に対流雲が発達し、にわか雨が降る地域もありそうだ。

 

 佐賀県内は、6観測地点のうち4地点で猛暑日を観測。杵島郡白石町の37・6度を筆頭に、佐賀市が36・6度、嬉野市36・5度、伊万里市35・8度となったほか、川副町、唐津市では最高気温がそれぞれ「猛暑日一歩手前」の34・8度を記録した。県内5消防本部によると、熱中症で救急搬送されたのは午後8時現在で13人だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加