自民党の二階俊博幹事長(80)の連続在職日数が3日、1096日に達し、単独で歴代最長となった。池田勇人首相の時に幹事長を務めた前尾繁三郎元衆院議長の記録を抜いた。2016年8月に歴代最年長で就任。陣頭指揮を執った17年の衆院選や今年7月の参院選を勝利に導いた。

 通算での在職日数は、田中角栄元首相、森喜朗元首相に続く歴代3位。9月前半に見込まれる党役員人事で去就が注目されている。再任されて来年4月下旬まで務めれば森氏を抜く計算だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加