3カ国外相会談を終えた(左から)韓国の康京和外相、ポンペオ米国務長官、河野外相=2日、バンコク(共同)

 【バンコク共同】河野太郎外相、米国のポンペオ国務長官、韓国の康京和外相は2日午後(日本時間同日夕)、タイの首都バンコクで3カ国外相会談を行った。日本外務省によると、ポンペオ氏は「日韓両国が協力して前に進むことを促したい」と述べ、日本の対韓輸出規制強化や元徴用工問題で深まる日韓の対立緩和を求めた。関係改善に向けた具体的な仲介案は示さなかった。

 日韓対立の深刻化が懸念される中、ポンペオ氏は米国にとって同盟国である両国の歴史問題も絡む争いに、現時点で本格介入するのを避けた格好だ。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加