綿谷さんに指導を受けながら、ゴルフを楽しむ児童たち=吉野ヶ里町のゴルフガーデン三田川

 小学生にゴルフの楽しさを体感してもらおうと、吉野ヶ里町ゴルフ協会は7月26日、ジュニアゴルフ塾(じゅく)を同町のゴルフガーデン三田川で開きました。町内の小学生12人が挑戦(ちょうせん)し、プロから基礎(きそ)を学びました。
 毎年実施(じっし)しており、10回目。日本プロゴルフ協会のティーチングプロ綿谷(わたたに)俊郎(しゅんろう)さん(62)が講師(こうし)を務(つと)め、子どもたちは8月末まで6回通います。
 初回は開校式があり、身長に合わせた子ども用のクラブが貸(か)し出(だ)されました。打席に入り、クラブの握(にぎ)り方や体の動かし方を学ぶと、夢中(むちゅう)でクラブを振(ふ)っていました。初めてボールが当たり喜ぶ子どもや、300球を打ち切り満足げな子どもの姿(すがた)もあり、思い思いに楽しみました。
 2回目の参加という三田川小2年の松浦(まつうら)煌生(こうせい)君は「休憩(きゅうけい)して時間をあけると、当たらなくなって難(むずか)しい。けど楽しい」と話し、東脊振小5年の柿添(かきぞえ)紗季(さき)さんは「お父さんと一緒(いっしょ)にゴルフができるくらい上手になりたい」と意気込(いきご)んでいました。(7月29日付16面)

このエントリーをはてなブックマークに追加