日本政府は、ロシアのメドベージェフ首相による択捉島訪問について「北方四島への実効支配を強める動きだ」と分析し、警戒を強めた。外交ルートでロシア政府に抗議。領土問題の早期解決を目指す立場は崩さず、北方領土を巡る対ロ交渉は継続する方針だ。

 菅義偉官房長官は2日午前の記者会見で、メドベージェフ氏の択捉島訪問に関し「領土問題に関するわが国の立場と相いれない」と述べた。

 2月にもロシア高官が色丹島を訪れた経緯がある。プーチン政権でナンバー2の立場にあるメドベージェフ氏の訪問を政府内では「2月とはレベルが違う。択捉島は絶対に譲らないとのメッセージだ」と受け止める。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加