儒学の祖・孔子と孟子ら4人の弟子の遺徳をしのぶお供(そな)えの典礼「春季釈菜(せきさい)」が18日、多久市の多久聖廟であった。中国の伝統衣装を身にまとった13人の祭官が、93にも及ぶ釈菜の儀式をこなし、甘酒や銀杏(ぎんなん)など8つのお供えを献呈した。