セブンペイのアプリ画面

 わずか3カ月でのサービス終了が発表されたセブン-イレブンのスマホ決済「セブンペイ」。佐賀市の女性(43)は、現金チャージして1度使っただけで不正が判明し、クレジットカードからのチャージ、現金チャージが次々にできなくなり、ついに1日、サービス終了を知った。「怪しいサービスではないだろうと信頼していたのに。『二段階認証』とか事前のセキュリティー対策はいったいどうなっていたのか聞きたい」と憤る。残金は数百円といい、「手続きするのも面倒」と諦め気味だ。

 セブン-イレブン側は、セキュリティー強化の一環で7月30日、「7iD」のパスワード再設定を一斉に促した。佐賀市内の40代男性オーナーは「今日も店頭で、お客さまに設定方法を案内している」と対応に追われる。セブンペイ終了は本部から通知を受け、「アプリから簡単に登録できるという売りが、弱さにつながってしまったのではないか」と残念がった。

このエントリーをはてなブックマークに追加