手ぶら観光を呼び掛けるチラシと手荷物を預かるロッカー=JR武雄温泉駅

 駅に手荷物を預けて市内観光が楽しめる「手荷物一時預かりサービス」が、8月1日から佐賀県武雄市で始まる。市と観光協会の企画で、連携する宿泊施設なら荷物をホテルや旅館まで無料で運ぶ。駅にはレンタサイクルもあり、手ぶらで武雄を周遊してもらう。

 JR武雄温泉駅にある観光案内所「たけなび」に荷物を預かるロッカーを設置。午前9時から午後5時までの間、バッグサイズは1個400円、スーツケースサイズは1個800円で預かる。連携する宿泊施設なら、施設まで荷物を運ぶことも頼め、チェックイン時に施設で荷物を受け取る。

 2022年度の九州新幹線長崎ルート暫定開業をまちづくりに生かす官民連携組織「武雄市新幹線活用プロジェクト」で生まれたアイデアを具体化した。駅にはレンタサイクル(500円)もあり、町での食事や買い物、図書館や武雄神社などの観光スポット巡りを楽しめる。

 連携する宿泊施設はスタート時は6施設で、さらに参加を呼び掛ける。

このエントリーをはてなブックマークに追加