「工事中の立て札赤し山暑し」 千葉東3年の吉田赳(たけし)さんは、唐津市の鏡山の深い緑の中で、看板の赤が鮮やかに浮かび上がる情景を俳句にした。「緑と赤は正反対の色。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加