佐賀善意銀行から助成金が贈られた団体のメンバーら=佐賀市の佐賀新聞社

 佐賀善意銀行(頭取・中尾清一郎佐賀新聞社社長)の本年度の助成金贈呈式が30日、佐賀新聞社で開かれた。福祉や地域振興など、県内で活動している7団体に総額40万円が贈られた。

 助成金は「住みよい社会の建設に寄与すること」を目指している。式では県共同募金会の野中博人事務局次長が「善意銀行の趣旨を理解し、社会のために広く活用してほしい」と祝辞を述べた。

 県内の児童養護施設などで支援活動をしている認定NPO法人ブリッジフォースマイルは、初めて助成金を受け取った。福島めぐみ佐賀事務局リーダーは「施設を巣立つ若者が生活必需品を購入する際の援助金にしたい」と話し、「子どもたちの役に立ち、笑顔につながるよう支援する」と決意を新たにしていた。

 他の助成団体は次の通り。

 肝炎佐賀の会▽県BBS連盟▽県自閉症協会▽特定非営利活動法人セルフ▽公益社団法人日本オストミー協会佐賀県支部▽みやき町蕎麦打ちおやじの会

 

このエントリーをはてなブックマークに追加