山口祥義知事(左)から感謝状を受け取る中野吉實さん=佐賀県庁

 佐賀県の山口祥義知事は29日、JA佐賀中央会、全国農業協同組合連合会(JA全農)前会長の中野吉實さん(71)に知事感謝状を贈った。「誇りある佐賀農業をつくり上げ、全国の代表としても日本農業の未来を切り開いた」とたたえた。

 中野さんは32歳で久保田町農協組合長になり、2003年からJA佐賀中央会会長、11年からJA全農会長を務めた。積極的な事業展開で東京に佐賀牛専門店の銀座季楽を出店、佐賀牛をトップブランドに育てた。

 県庁での贈呈式で山口知事は「これまでの功績を(感謝状に)書くのは大変で何回修正したか分かりません」と笑いを誘い、「若くして組合長になられるなど存在が大きかった」とねぎらった。

 中野さんは15年の知事選で山口知事を初当選に導いた立役者の一人。知事について「県政を非常に頑張っていただいている」と評価し、「(感謝状を)ありがとうございます。今後も役に立てることがあれば頑張りたい」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加