最終日を迎えた茶道部門は、唐津と嬉野・有田の2コースに分かれて、フィールドワークを行った。唐津コースでは、地元の茶道部員がお茶を振る舞ったり、市内を案内したりして他県の生徒ら約40人をもてなした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加