第43回全国高校総合文化祭(2019さが総文)第3日は29日、県内各地で14部門が開かれ、ステージ発表やフィールドワークで全国の高校生が交流を深めた。

 マーチングバンド・バトントワリング部門は佐賀学園と佐賀清和が躍動感のある演技を披露し、郷土研究部門は約120人が有田町内を巡り、有田焼400年余の歴史と伝統を体感した。自然科学部門は新元素「ニホニウム」を発見した森田浩介九州大教授が記念講演。文芸部門は名所を巡り、短歌や俳句を詠む「文芸散歩」を実施。茶道部門は、唐津地区の高校生が全国の参加者にお茶を振る舞い、特別支援学校部門は県内9校が多彩なステージで会場を沸かせた。

 第4日は30日、県内各地で9部門が開かれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加