接戦、終盤力尽く 学校再編に伴い合同チームとして初の全国総体に挑んだソフトボール女子の鹿島・鹿島実・鹿島新。学法石川(福島)との1回戦は、粘り強く守って接戦に持ち込んだが、終盤の本塁打一本に泣いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加