全国から約2万人の高校生が集う、第43回全国高校総合文化祭(2019さが総文)第2日の28日は、弁論や茶道など15部門が開かれた。最終日を迎えた囲碁部門では県勢の活躍も見られた。

 囲碁部門では早稲田佐賀3年の別府拓朗さんが個人戦に出場した48人中で9位となる好成績を収めた。

 吟詠剣詩舞部門には全国から約260人の生徒が出場し、吟詠や剣詩舞などを披露した。着物やはかまに身を包んだ生徒たちが、それぞれの地域にまつわる詩吟を詠じ、地域色豊かなステージを繰り広げた。

 第3日は29日、県内各地で14部門が開かれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加