「やめたほうがいいのは、学校ですか、出産ですか」-。佐賀東高演劇部(江島穂乃香部長、19人)の舞台「君がはじめて泣いた日も、世界は普通の顔をした。」は、高校生が妊娠し、命と向き合う葛藤のドラマだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加