大阪府の近畿大付属高の1~3年生18人が25~27日の3日間、みやき町内で夏休みを利用した研修を行った。生徒たちは地域の商店や酒造会社、農業法人などを回り、地域の課題や経営者の理念などを学んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加