国営諫早湾干拓事業(長崎県)の開門調査を巡る一連の訴訟で初めて最高裁弁論が開かれた26日、開門を求める藤津郡太良町大浦、漁業平方宣清さん(66)が上告人として第2小法廷に立った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加