九州労働金庫の佐賀県本部長に6月下旬、就任した青栁直(あおやぎすなお)氏(57)。労働組合の組織率が17%に落ち込む中で「働く人の役に立つ福祉金融機関として、どう周知を図っていくかが課題」と話す。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加