嬉野市は26日、嬉野町不動山地区にある空き家や物置が倒壊の恐れがあるとして、解体作業を始めた。市による再三の改善要求に関係者が応じなかったため、空き家対策特別措置法に基づく行政代執行として着手した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加