「第43回全国高校総合文化祭(2019さが総文)」の開幕を彩るパレードが、27日午後6時15分から同7時半まで佐賀市で開かれる。マーチングバンド・バトントワリング部門に出場する生徒たちが同市松原の佐賀バルーンミュージアム前を出発し、佐賀城本丸歴史館(西門)まで約800メートルを歩く。約1800人の生徒が演奏やパフォーマンスを披露し、来場者たちを楽しませる。空に風船を飛ばすバルーンリリースもある。

 生徒実行委員会パレード部会は、パレードをより楽しんでもらうため、コースや周辺施設の紹介動画を作成した。動画は全5種類で、コースを歩きながら撮影したものや佐賀バルーンフェスタ、佐賀城本丸歴史館を紹介する。動画は「YouTube」で見ることができる。

 同部会の鳥栖高2年宮原櫻さんは「動画を見てパレードや佐賀の魅力を知ってほしい。シシリアンライスの作り方の紹介もあるので、ぜひ作ってみて」と話した。

 パレードに伴い、午後5時~同8時半ごろまで、中の小路東交差点から赤松小学校前交差点まで全面通行止めとなる。国道264号の中央郵便局交差点の通り抜けはできない。

このエントリーをはてなブックマークに追加