江戸時代末期、紀伊の国(現在の和歌山県)の外科医である華岡青洲(1760~1835年)は20年の歳月をかけて全身麻酔薬「通仙散」を完成させ、多くの人の命を救いました。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加