バレーボール女子予選グループ戦・佐賀商―城南(徳島) 第2セット、鳥栖商は松尾愛美のスパイクで25―21とする=宮崎県小林市の市民体育館

 全国高校総合体育大会「南部九州総体2019」は25日、会期前競技としてバレーボール女子があった。佐賀県勢は鳥栖商が城南(徳島)を2―0で下し、決勝トーナメント進出を決めた。

 26日は宮崎、沖縄の両県でバレーボール、ソフトテニス、サッカー、相撲の4競技がある。

 バレーボール女子の鳥栖商は決勝トーナメント2回戦で増穂商(山梨)と対戦し、サッカー男子の佐賀北は1回戦で徳島市立とぶつかる。

▽女子予選グループ戦

鳥栖商2(25-15、25-21)0城南(徳島)

このエントリーをはてなブックマークに追加