決勝・佐賀北-鳥栖 5年ぶりの優勝を果たし、マウンドで歓喜の輪をつくる佐賀北ナイン=佐賀市のみどりの森県営球場(撮影・山口源貴)

 第101回全国高校野球選手権佐賀大会最終日は25日、佐賀市のみどりの森県営球場で決勝があり、佐賀北が鳥栖を4-1で下して5年ぶり5度目の夏の甲子園出場を決めた。

 ノーシードから勝ち上がってきた実力校同士の顔合わせとなった。佐賀北は初回、2番久保公佑のスクイズで先制。二回には9番宮崎翔大の適時二塁打で1点を奪い、その後も好機を確実に生かし、得点を加えた。先発の川崎大輝は鳥栖打線を6安打1点に抑えた。

 全国大会は8月6日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する。3日に組み合わせ抽選会が行われる。

佐賀北・久保貴大監督の話 (選手時代と、監督になってからの甲子園出場は)同じくらいうれしい。選手は一戦ごとに成長し、落ち着いてプレーができるようになった。監督として甲子園に行くのは初めてで分からないことばかりだが、自分たちの野球ができるようにしたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加