第101回全国高校野球選手権佐賀大会最終日は25日、佐賀市のみどりの森県営球場で決勝があり、佐賀北が鳥栖を4-1で破った。佐賀北は夏5年ぶり5度目の甲子園出場。

 両校ともノーシードから勝ち上がってきた。佐賀北は初回、2番久保のスクイズで先制し、二回は2死二塁から9番宮﨑の適時二塁打で1点を追加。四、七回にも1点ずつを奪って差を広げた。鳥栖は二回に9番堀江の適時打で1点を返したが、その後は2安打に抑えられた。

 全国大会は8月6日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する。

このエントリーをはてなブックマークに追加