才川陽妃さん

 高校放送部の日本一を決める「第66回NHK杯全国高校放送コンテスト」の決勝が25日に東京都のNHKホールで開かれ、朗読部門で佐賀清和3年の才川陽妃(はるひ)さん(17)が優勝した。佐賀県勢の優勝は5年ぶり3人目で、才川さんは「目標は優勝だった。落ち着いた読みができて、ほっとした」と笑顔を見せた。

 全国から約5400人が参加した朗読部門は、指定された五つの小説の中から一つを選び、2分以内で読む。才川さんは、石牟礼道子さんのエッセー「食べごしらえ おままごと」を伸びやかな声で読み上げ、「今までで一番いい読みができた。作者のうれしそうな気持ちを伝えた」と振り返った。

 その他、県勢の入選は次の通り(敬称略)。

 アナウンス 宮島理沙子(早稲田佐賀3年)松岡伊織(同)髙松美寿々(同)古賀乙羽(致遠館2年)▽朗読 副島汐理(佐賀北通信制4年)坂井桃花(神埼3年)

このエントリーをはてなブックマークに追加