えん罪をテーマにしたシンポジウム(佐賀県弁護士会主催、日弁連など共催)が27日午後2時から、佐賀市の県弁護士会館で開かれる。えん罪の可能性があるとして再審請求されている飯塚事件の弁護団の徳田靖之弁護士や、DNA鑑定などをしている本田克也筑波大教授を講師に招き、えん罪が起こる構造や防ぎ方などを学ぶ。

 事件は1992年に起き、飯塚市で小学1年の女児2人が殺害された。殺人などの罪で死刑が確定した久間三千年元死刑囚の死刑が2008年に執行され、遺族が再審請求をしている。

 シンポでは、徳田弁護士が飯塚事件の現状や今後について語り、本田教授が「血液型・DNA鑑定は科学的な証拠たり得るか」と題して特別講演する。半田望弁護士による基調報告や、登壇者によるパネル討論も予定している。

 10月に徳島市で開かれる第62回人権擁護大会(日弁連主催)にちなんで企画した。入場無料で予約不要。問い合わせは県弁護士会、電話0952(24)3411。

このエントリーをはてなブックマークに追加