労働組合や社民党佐賀県連でつくる原水爆禁止県協議会(徳光清孝会長)は25日までの3日間、県内各地で平和行進を行った。期間中に約400人が横断幕やのぼりを掲げて歩き、戦争と核兵器のない世界を訴えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加