佐賀市の小学生約50人が23日、多久市の農場などで自然体験を楽しんだ。炭火で米を炊いたり、観光農園を営む農家からカブトムシの捕まえ方を教わったりし、「こっちにいた」「捕まえたよ」と歓声を上げた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加